義歯・入れ歯

義歯入れ歯とは?

虫歯などの原因で複数の歯を失ってしまった際に、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいいます。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。 入れ歯は保険治療ではプラスチックのものしか選ぶことは出来ません。プラスチックの入れ歯は、噛む機能にはまったく問題ありませんが自費入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。 自費治療の入れ歯は、様々な材料があり、より快適で体に優しいものがあります。 下記で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧頂きご検討ください。

義歯・入れ歯のメニュー

自費の入れ歯

コンフォート

165,000円~
コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。 「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。




フィンデンチャー

165,000円~
辺緑封鎖の重要な部分を軟らかいシリコンで薄いヒレ状に作製した、吸着・安定が抜群に良い義歯です。




マグネットデンチャー

330,000円~
磁石の吸引力を利用した根面維持方式なので、骨植不良歯やオーバーデンチャー等の保存的治療を重視する場合にお勧めします。




マグネットデンチャー

金・プラチナ440,000円~ 昔から体に安全とされる金やプラチナを主原料にした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ぴったり合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。部分入れ歯の場合、金属のしなやかさがバネをかける歯のダメージを少なくします。金属の再利用も可能です。

丈夫さ ★★★
快適さ ★★★
熱の伝わり ★★★
体への優しさ ★★★
食べ物の味わい ★★★
軽さ ★★★
トータル評価 ★★★




ハイグレードタイプ ステンレスメッシュ (自費)

ステンレスメッシュ440,000円~ 網目状にミクロの孔が無数にある特殊な金属を使っています。この孔によって食事の時の味も温度も瞬時にお口全体に広がり、特にビールの泡などは口全体で直接実感できる入れ歯です。部分入れ歯については、大部分の歯が抜けてしまった上あごの部分入れ歯に適用できます。

丈夫さ ★★★
快適さ ★★★
熱の伝わり ★★★
体への優しさ ★★★
食べ物の味わい ★★★
軽さ ★★☆
トータル評価 ★★★




ハイグレードタイプ 純チタン・チタン合金 (自費)

純チタン・チタン合金275,000円~ チタンは体内に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり用途に応じて使い分けをします。

丈夫さ ★★★
快適さ ★★★
熱の伝わり ★★☆
体への優しさ ★★★
食べ物の味わい ★★★
軽さ ★★★
トータル評価 ★★★




スタンダードタイプ (自費)

超硬質コバルトクローム合金183,000円 永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこすことにより、プラスチック部分を自然な色に仕上げることもできます。

丈夫さ ★★★
快適さ ★★★
熱の伝わり ★★☆
体への優しさ ★★
食べ物の味わい ★★
軽さ ★★
トータル評価 ★★




エコノミーデンチャー(自費)

コバルトクローム合金141,900円 永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。エコノミータイプは金属床の基本的な良さを生かしたお求めやすい入れ歯です。 部分入れ歯も基本的な良さを生かしつつも、歯にかかるバネのデザインを限定するなどして、同じくお求めやすい入れ歯になっています。

丈夫さ ★★★
快適さ ★★★
熱の伝わり ★★☆
体への優しさ ★★
食べ物の味わい ★★
軽さ ★★
トータル評価 ★★




入れ歯 (保険)

プラスチック保険適用 保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという基本的な機能については変わりません。

丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ ★★★
トータル評価